M&Aの第一歩は会社の価値を知ること

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中小企業がM&Aを検討するとき、最初にすべきことは自社の価値を知ることです。決算書でわかる財務的な価値だけでなく、他の企業から見た評価を知ることも重要なポイントになります。
企業の価値算出方法は、どこに着目するかによって、大きく3つにわけられます。インカム・アプローチは、将来期待される利益やキャッシュフローをもとに価値を算定する方法で、DCF法や配当還元法などが代表的です。コスト・アプローチとは、純資産価値に着目する方法で、中小企業の評価でよく使われます。マーケット・アプローチとは、同業他社との比較から相対的に価値を算出する手法です。
会社の状況により、適した算定方法は異なり、場合によっては複数の算定方法を用いることもあります。価値算定には専門的な知識が必要なため、専門家に依頼するのが確実です。
評価額は、算出を依頼する業者によって違って来ます。M&Aの現場では、取引先や特許技術、市場シェアなど見えない価値が評価されることも少なくありません。評価に納得できない場合は、セカンドオピニオンを求めることも検討しましょう。

無料でシミュレーションも可能

<hM&Aを検討している場合はもちろん、後継者が会社を継ぐかどうか迷っているときなど、自社の評価額を知りたいこともあるでしょう。M&A仲介業者の中には、無料簡易企業評価サービスやシミュレーションを提供しているところもあります。これらのサービスを利用するのも評価額を知るためのひとつの方法です。 無料簡易企業サービスでは、決算書とヒアリングでおおまかな価値を算出します。決算書の送付やヒアリングはインターネットで行われるため、足を運ぶ必要はありません。結果の提示はメールもしくは希望により面談も可能です。 シミュレーションとは、ホームページ上のフォームに必要項目を入力し、ボタンをクリックすると簡易評価が表示されるもので、自社が成長段階または成熟段階のどちらにあるかにより入力項目が異なります。まずシミュレーションから試してみるのもよいでしょう。

会社譲渡前の準備


会社を譲渡する場合、社員の雇用や会社の成長など譲れない条件があるはずです。手元に残る金額についても気になるでしょう。まずこれらの条件について、優先順位を決めておく必要があります。 会社譲渡までのスケジュールを組んでおくこともM&A成功のポイントです。ゴールに向かい、内部や取引先との関係調整を進めて行きましょう。 過去の実績や取引を見直し、問題点を解決しておくことも会社の評価を上げることにつながります。会社の磨き上げは高く売却するための重要なポイントです。

ピックアップ記事

M&A・会社売却に必要な知識を習得するには

M&Aの過程は非常に複雑で、必要な知識も多岐にわたります。情報を効率的に収集するには、セミナーに参加するのも一つの方法です。M&Aに関するセミナーは、開催する団体により、特徴が異なります。地方銀行のセ...

事業承継の有力な選択肢、M&A・会社売却

事業承継には、親族内承継、役員や従業員への承継、M&Aの3つの選択肢があります。親族内承継は従業員や取引先の理解を得られやすく、時間をかけて後継者を育てることができます。役員や従業員への承継は経営の一...

M&A会社売却の手続き

中小企業のM&Aは、買い手探しから実行後の統合プロセスまで一連の手続きを仲介業者に依頼して行うのが一般的です。仲介業者は独自のネットワークで多数の案件を集めており、探してもらえば自社にとって理想的な買...

M&Aの第一歩は会社の価値を知ること

中小企業がM&Aを検討するとき、最初にすべきことは自社の価値を知ることです。決算書でわかる財務的な価値だけでなく、他の企業から見た評価を知ることも重要なポイントになります。企業の価値算出方法は、どこに...


活用法