事業承継の有力な選択肢、M&A・会社売却

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

事業承継には、親族内承継、役員や従業員への承継、M&Aの3つの選択肢があります。親族内承継は従業員や取引先の理解を得られやすく、時間をかけて後継者を育てることができます。役員や従業員への承継は経営の一体性を保ちやすく、実力ある人材を登用できることがメリットです。後継者がおらず役員や従業員への承継も難しい場合には、M&Aが有力な選択肢となります。
かつては中小企業の事業承継は親族内承継が主流で、6割以上を占めていました。しかし、現在では後継者がいる場合でも継がないケースも増えています。経営者と同じく役員や従業員の高齢化も進んでおり、事業の引き継ぎに資金力が必要とされることもあって、従業員への承継も難しいのが現実です。
親族内承継や従業員への承継が難しいと言う理由で、廃業を選ぶ経営者も少なくありません。しかし、廃業では従業員の雇用や培ってきた独自の技術・ノウハウが失われてしまいます。イメージの向上も後押しとなり、会社と従業員の雇用を守るためにM&Aを選ぶ経営者は年々増えています。

M&Aによる事業承継のメリット

M&Aを活用することで、後継者がいなくても会社を存続させることができます。後継者問題の解消と従業員の雇用確保がM&Aによる事業承継の最大のメリットです。
廃業には設備や在庫の処分費や従業員への退職手当、書類作成費用などさまざまなコストがかかります。会社を売却すれば、これらの費用が不要になるだけでなく、売却益で老後資金を得ることも可能です。
中小企業の経営者は、個人保証を負っていることも少なくありません。会社を売却すれば個人保証から解放されるのが一般的なため、ハッピーリタイアが可能になります。
会社の譲渡は、買収企業にとっても時間をかけずに事業を開始できるメリットがあります。M&Aは売り手と買い手双方に利益のあるる双方に利益がある方法なのです。

M&Aを検討すべきタイミングとは

事業承継には、一般的に5年から10年は必要だと言われています。会社を売却するために価値の算定をしたら家族内で話し合いが進み、迷っていた後継者が継ぐことになったと言うケースもあります。事業承継はできるだけ早く準備することが大切です。
会社譲渡では、買い手企業探しが重要なポイントになります。経営者の体調不良などで直前になって検討した場合には、仲介会社や売却先を選ぶ余裕のないことも少なくありません。M&Aを成功させるには早めの準備が欠かせないと覚えておきましょう。

ピックアップ記事

M&A・会社売却に必要な知識を習得するには

M&Aの過程は非常に複雑で、必要な知識も多岐にわたります。情報を効率的に収集するには、セミナーに参加するのも一つの方法です。M&Aに関するセミナーは、開催する団体により、特徴が異なります。地方銀行のセ...

事業承継の有力な選択肢、M&A・会社売却

事業承継には、親族内承継、役員や従業員への承継、M&Aの3つの選択肢があります。親族内承継は従業員や取引先の理解を得られやすく、時間をかけて後継者を育てることができます。役員や従業員への承継は経営の一...

M&A会社売却の手続き

中小企業のM&Aは、買い手探しから実行後の統合プロセスまで一連の手続きを仲介業者に依頼して行うのが一般的です。仲介業者は独自のネットワークで多数の案件を集めており、探してもらえば自社にとって理想的な買...

M&Aの第一歩は会社の価値を知ること

中小企業がM&Aを検討するとき、最初にすべきことは自社の価値を知ることです。決算書でわかる財務的な価値だけでなく、他の企業から見た評価を知ることも重要なポイントになります。企業の価値算出方法は、どこに...


魅力