M&A・会社売却に必要な知識を習得するには

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

M&Aの過程は非常に複雑で、必要な知識も多岐にわたります。情報を効率的に収集するには、セミナーに参加するのも一つの方法です。
M&Aに関するセミナーは、開催する団体により、特徴が異なります。地方銀行のセミナーはアドバイザリーとの共催で事業承継をテーマにしたものが多いのに対し、メガバンクが開催するセミナーは、法務や会計など幅広く取り上げるのが特徴です。地方銀行のセミナーはほとんどが無料ですが、メガバンクでは有料であることも少なくありません。参加費については事前に確認しておきましょう。
M&A仲介会社やアドバイザリーによるセミナーは、開催頻度が高く、初心者向けから専門家を対象とするものまでさまざまです。自分のレベルと目的にあったセミナーを受講することがポイントになります。経験豊富なコンサルタントの話を無料で聞けることもメリットです。
このほかにも、中小企業の事業承継に焦点をあてたセミナーを行ってる団体もあります。

セミナーに参加するメリット

セミナーに参加すればM&Aに関する知識を効率的に学べるのはもちろん、会場に足を運ぶことで多くのメリットが得られます。
セミナーではネットの情報では知ることのできない、現場の生の声を聞くことができます。実際に現場を体験した講師の話を聞けることはセミナー参加の最大のメリットです。初心者にとっては、不安を払拭するいい機会になるでしょう。
セミナー参加者のほとんどは、M&Aを考えている会社の経営者です。セミナーは同じ志を持つ仲間との交流の場となり、交友関係が広がる中で売却先が見つかる可能性もあります。他の経営者との情報交換は、自社の価値を客観的に把握するのにも役立ちます。
M&Aによる事業承継を検討しているなら、まずセミナーに参加するところから始めてみてはいかがでしょうか。

セミナーに参加するときの注意点

セミナーの意義は参加することではなく、知識の習得と人脈を広げることにあります。単に参加するのではなく、目的を持って受講することが大切です。期待した情報を得るためには、M&Aセミナーのテーマや詳細を確認しておくことも重要なポイントになります。
M&Aの現場では予期せぬ事態が起こることも多いものです。セミナーで得られるのはあくまで知識であり、自社のケースでは役立たない可能性についても理解しておく必要があります。最低限の知識を吸収したら、実務はプロに任せ、本業に集中することが大切です。

ピックアップ記事

M&A・会社売却に必要な知識を習得するには

M&Aの過程は非常に複雑で、必要な知識も多岐にわたります。情報を効率的に収集するには、セミナーに参加するのも一つの方法です。M&Aに関するセミナーは、開催する団体により、特徴が異なります。地方銀行のセ...

事業承継の有力な選択肢、M&A・会社売却

事業承継には、親族内承継、役員や従業員への承継、M&Aの3つの選択肢があります。親族内承継は従業員や取引先の理解を得られやすく、時間をかけて後継者を育てることができます。役員や従業員への承継は経営の一...

M&A会社売却の手続き

中小企業のM&Aは、買い手探しから実行後の統合プロセスまで一連の手続きを仲介業者に依頼して行うのが一般的です。仲介業者は独自のネットワークで多数の案件を集めており、探してもらえば自社にとって理想的な買...

M&Aの第一歩は会社の価値を知ること

中小企業がM&Aを検討するとき、最初にすべきことは自社の価値を知ることです。決算書でわかる財務的な価値だけでなく、他の企業から見た評価を知ることも重要なポイントになります。企業の価値算出方法は、どこに...


魅力